雑ノート(仮)

適当なメモ。

仕様化テストについて

仕様化テストとは何か

コードから起こした仕様を検証するテストのこと。 大事なのは理想的な仕様を追い求めるのではなく、「現在のコードはこのように動いている」点を明らかにすること。

何のために行うか

機能追加の際に、理想的なテストを書いてしまうと、既存バグが発見され、そちらの対応に追われるかもしれない。 バグ修正よりも現在の変更作業を優先するために、一旦既存バグを含めた現在の挙動を保護するテストを作成する。*1

トレードオフ

機能追加 vs 品質

既存バグを直さずにシステムに機能追加が出来るというメリットがあるが、システム自体の品質は良くなっていないし、 作成した仕様化テストも最終的には理想的な仕様をブラックボックステストで網羅できるようなテストコードで置き換えられる必要がある。

ほぼ全てのレガシーシステムでは、「システムがどのようにうごくべきか」よりも、「実際にどのように動いているか」のほうが重要です。*2

仕様化テストはレガシーコードに対処し始めた初期段階のプロセスといえるかもしれない。

*1:もちろんこれはゴールではない。既存バグの修正よりも、機能追加を優先したというだけであり、既存バグは別に対処しなければならない。

*2:レガシーコード改善ガイド13.1仕様化テスト