Yabu.log

ITなどの雑記

ファイトクラブでなぜ"僕"はタイラーに勝てたのか

映画ファイトクラブは約10年前(高校生くらい?)に初めて見て、それから何度か見直したことがある。今回は小説を読んでさらに映画も見直して見た。映画公開20周年らしいから便乗してブログにしてみました。

※本エントリはファイトクラブ映画版・小説版のネタバレを含みます。

prime videの対象になっているので興味ある人はこのエントリ読む前に見てください。すごく面白いかと言われるとあんまり自信を持ってオススメはできないですが、割と名作と名高いのでみておいて損はないかなと思います。私自身小説を買って読んで態々映画も見直したので好き*1な映画です。

映画の概要

この映画の概要は人生に飽き飽きしてきたアラサーの男達が夜な夜な駐車場やバーの地下に集まって殴り合いでストレス解消するクラブを作ってハマり、やがてクラブが過激化・暴走してきて街を破壊(革命)するようになるというものです。映画では富の再分配を、小説では歴史の再建を目的に破壊活動が勧められます。

ストーリーの重要なポイント(ネタバレ)は、ファイトクラブの創設者、リーダー、カリスマ的存在であるタイラーダーデンは実在せず、いわゆる二重人格で"僕"のもう一人の人格であり、治りつつある不眠症の睡眠中は眠っている訳ではなく、夢遊病的にタイラーとして活動している。そしてストーリが続くにつれ僕の睡眠時間はどんどん伸びてしまっている(タイラーに身体を乗っ取られつつある)

そして"僕"とタイラーは爆弾が仕掛けられたビルので上で2人で戦います。

※二重人格であるストーリーの都合上、主人公の名前は最後まで明かされません。本記事では小説での一人称表記に倣って主人公を"僕"として書きます

なぜ小説を読んだか

小説版を買って読んだ動機としては、以下の最近バズったツイートに非常にファイトクラブ的なものを感じた*2のと、

togetter.com

この映画のラストに長年納得が行かなかったのでモヤモヤしていたからです。映画のラストで"僕"は自分の頭を撃ち抜いて、別人格のタイラーだけ殺害。自分は生きていて、恋人のマーラとビルが爆破されていく光景をバックにpixiesのwhere is my mind?が流れるという謎エンドです。これちょっと意味が分からなかった。

www.youtube.com

なぜ"僕"はタイラーに勝てたのか

小説版を読んだところ、なんと謎が解明しました。僕とタイラー両方死にます。 いや、正確にはタイラーが死んだかどうかは明示されていませんが、少なくとも"僕"は死にます。死後の世界で神様と対話して地上には戻りたくないというところでお話は終わります。

警察のヘリコプターが轟音とともに迫ってきていたから、マーラや自分のことさえ救えない互助グループの面々がそろってぼくを救おうとしていたから、ぼくは引鉄を引くしかなかった。現実よりもこっちのほうがましだった。そして、ただ一度の完璧な瞬間は永遠には続かない。天国ではすべて白地に白だ。

  • つまり原作では"僕"は自殺しただけでタイラーに勝ってなどいなかったのです。

感想

自分探しパートと言いますか、だらだら生きてる主人公が喧嘩=ファイトクラブに性を出すところまでは好きですが、後半の破壊活動パートはそこまで好きではありません。

著者あとがきを読めばわかると思いますが、この小説は他人に押し付けられた生き方を拒否することと、自分が本当にやりたいことを見つけ出すためのストーリーです。映画も小説も自己破壊(ファイトクラブ)というプロセスを通じて前者だけは立派に描写されていますが、後者のメッセージ性が弱いので中途半端に感じます。”僕”やメカニックやマーラや互助会のメンバーは残りの人生で本当にやりたいことが見つかったんでしょうか。(僕は小説版では死んだけど。)

そもそも家を爆破したり、夜中に人と殴り合ってもそんなものは見つかるはずがない。 私みたいな本当にやりたいことがわからない人がこの映画を見てもますます分からなくなるだけで混乱すると思う。

大多数の日本人、僕らは幾つになっても必要でもないくだらないガジェットを買い続け、
誰かが考えたレジャーやブームを浪費して、
自分の年収や資産が上下することに一喜一憂しながら歳をとって
自分が何者なのか、何がしたかったのかわからないまま死んでいくんだと思う。

「日本人はレビューがないとまずその商品を買わない」
「食事でも宝くじでも行列が長いほどそこに生きたがる」
「自分で判断する意識が低い」

togetter.com

私たちは一体どう生きればいんでしょうか。

映画と原作で違うところなど

  • タイラーは"僕"の理想像ではない

こうなりたいという理想像が俺

このセリフも映画にしかありません。映画版に比べてタイラーが神格化されていないというかショボい感じがします。映画にブラピ(タイラー役)出すに当たって色々と脚色が入ったのかしら。

  • ”僕"がいるビルが爆破されない理由が違う

映画ではビルが破壊されないのは"僕"が起爆装置を壊したから。小説版では爆弾の調合に失敗している。

ところが何も。何も爆発しない。ぼくは舌で銃身を生き残った頬によけて言う。タイラー、さてはニトロとパラフィンを混ぜたな。パラフィンがうまくいったためしはないよ。

小説版で爆発しなかったのはタイラーのミスなのか意図的なものなのかは謎。映画版ではタイラーの仲間のテロリスト達がビールを持ってビルのタイラーがいるフロアに向かってきのも謎(爆破されることを聞かされていない?)

  • 映画では上司はタイラーによって爆殺されない

代わりに?上司が食らった爆弾(ブラウン管にガソリンを流し込む爆弾)はLightningというApple Storeを模した店を破壊する時に使われます。この映画公開後十数年後にAppleがLightningという名前を端子に採用したのが感慨深い。

  • 自分を臓器に例えるポエムの一部がない

僕はジャックの心臓です

みたいな短文が小説のいたるところに散りばめられているけど、あれは

ぼくはタイラーの口です

タイラーの口から二重人格であることを告げられる前にこの一文を書くために、カモフラージュするために散りばめられていたのだと思うのだが、「ぼくはタイラーの口です」のセリフは小説版にしかないので、映画の自分を臓器に例えるポエムは意味不明なものになっている。*3

  • ラストのマーラとのシーン

これからはすべてうまくいく

映画版ラストのマーラに語りかけるこのセリフは原作にはありません。

人々は天国のぼくに手紙をよこし、ぼくは忘れられていないと言う。ぼくは彼らの英雄だと言う。ぼくはきっとよくなると言う。

うーん似たようなセリフはあるが...

名言集

名言が多い映画だから好きなのを抜粋してオマケとしてまとめておきます

愛する人間がすべていつか自分を拒絶し、あるいは死ぬのだと悟ったとき、泣くのは簡単だ。長期的に見たら、誰の生存率もゼロになる。(by互助会に参加している時の僕)

  • 「誰の生存率もゼロになる」これは小説中に何度も出てくる。 

人生の持ち時間はいつかゼロになる。(上記の映画字幕版)

かつて所有していたものに、自分が所有されるようになる。(僕の思索)

  • 映画ではタイラーがこのセリフをいう。

一目置かれたくて、やたらにものを買いこむ若者は多い。自分が本当に欲しいものがわからない若者は多い。欲しいものがわからないと本当には欲しくないものに包囲されて暮らすことになる。(ドアマン)

  • 映画にはドアマンは出てこないからこのセリフはない。

おまえたちは二つと同じ形のない美しい雪片などではない。(スペースモンキー)

  • 雪片という単語がいいのに、映画字幕では人間のクズとかそんな感じの言葉になってしまっている。

ファイト・クラブでは、おまえは銀行預金の額ではない。仕事ではない。家族ではない。自分で思いこもうとしている人物像ではない。名前ではない。悩みではない。年齢ではない。将来の願いではない。(メカニック、僕、スペースモンキー)

  • 映画にはメカニックは出てこない

若く強い男や女がいる。彼らは何かに人生を捧げたいと望んでいる。企業広告は、本当は必要のない自動車や衣服をむやみに欲しがらせた。人は何世代にもわたり、好きでもない仕事に就いて働いてきた。本当は必要のない物品を買うためだ。(タイラー)

  • ☝️このセリフは映画より小説の方が好き。

愛する人間がすべていつか自分を拒絶し、あるいは死ぬ。創り出すすべてがやがてごみ箱行きになる。誇りに思うすべてがやがてごみ箱行きになる。(ナンバースリーにボコボコにされているときの"僕"の思索)

  • ナンバースリーとは映画では戦わないため、このセリフは映画版にはありません。

周りの人たちの言うことを聞いて育ち、どうにかありついた仕事に就き、ようやく稼いだ金で物を買う。こうした日々の連続の中で、そもそも自分が何をしたかったのか、何が欲しかったのか、何をしているときが楽しいのか、そして誰を愛しているのかまでがぼんやりとしてくる。そんなとき僕らは、いったい誰の人生を生きているのだろうか。(あとがき)

  • ファイトクラブ=ミニマリズムというのも違うと思います。最近はミニマリズムも押し付けられてる感があるので。
  • 監督のオーディオコメンタリーみたいな。BD買おうか迷う。
  • こういう反抗期的な作品は大学生くらいで卒業しろよって感じですが、私もマジで真に受けてるわけじゃなくて、この世界観というかポエム的なものを消費しているだけなのでご心配なく。これからも誰かが考えたブームに振り回されながらいらないものを買い続ける下らない人生をいきていきます。

*1:この映画には全力で好きとは言えない複雑な感情があります

*2:本作では主人公がハマるのがIKEAだけど、日本での無印はちょうど似たようなポジションにあると思う。

*3:映画でネタバレしながら読んだからこういう読み方ができた。